セサミン39.com>栄養素

セサミンに関連する栄養素

セサミンと関係がある栄養素について、要点をまとめました。
主に、セサミンの特徴である、抗酸化作用について比較しました。ゴマ(セサミン)を摂るときの、参考になればと思います。

EPA DHA 脂質 ポリフェノール
ビタミンE ビタミンC ノコギリヤシ ローヤルゼリー
サントリーのセサミン
セサミンE+や、セサミンにいろいろな有効成分を加えた、関連サプリメントを紹介しています。

EPA

サンマ、サバ、アジ、イワシなどの青魚に多く含まれる栄養素です。EPAは、血液を固まりにくくしたり、血中の中性脂肪やコレステロールを下げて、血液をサラサラにする効果があります。

EPAは、体内ではほとんど作られないので、食べ物から摂る必要があります。(ただ、エゴマ油、シソ油などに含まれるα-リノレン酸を摂ると、体内でEPAが作られます。)

セサミンにも、同じようにコレステロールを下げて、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ効果があります。EPAとセサミンを一緒に摂ると、相乗効果があり相性が良いといえます。

DHA

ブリやマグロなどの魚介類に多く含まれる栄養素で、EPAと同じ仲間です。正式名は”ドコサヘキサエン酸”といい、体内でほとんど作られないのは、EPAと同じです。

DHAは、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があり、セサミンと同じく、動脈硬化を防ぎます。

その他、脳神経の発達と機能を維持し、ボケを予防する効果や花粉症、アトピー性皮膚炎を改善する効果もあります。

脂質

脂質とは、肉類や魚類、植物油などに含まれていて、体の材料となり細胞膜やホルモンを作り出しています。

また、体のエネルギー源としても使われ、1gの脂質で約9kcalもあります。(糖質は、1gで約4kcalのエネルギーがあります。)

もし、脂質が不足すると血管が弱くなったり、皮膚の異常が起こります。とはいえ、現代の食生活では、不足することはほとんどありません。

逆に、脂質を摂り過ぎてしまうと、消費されなかった分は、体内に脂肪として貯えられ、メタボの原因になります。

セサミンが含まれるゴマにも脂質が多いので、セサミンだけを抽出したサプリメントなら、カロリーを気にすることもありません。

ページTOPへ

ポリフェノール

赤ワインで有名になったポリフェノールですが、もともと植物に含まれる苦味や色素の総称です。

その種類は、数百種類以上あるといわれ、赤ワインに含まれるポリフェノールは、”アントシアニン”と呼ばれています。

ポリフェノールで、一番よく知られているのが抗酸化作用で、セサミンも同じ効果があります。

ただポリフェノールは、主に体の細胞膜や血管の活性酸素を退治し、セサミンは肝臓の活性酸素を、退治する点が違います。

ページTOPへ

ビタミンE

ビタミンEは、セサミンと同じく、強力な抗酸化作用があることがわかっています。ビタミンEは、主に体の細胞膜の酸化を防いだり、血液中のコレステロールが酸化するのを防いでいます。

コレステロールが酸化すると、血管の内壁に付着して、動脈硬化の原因になりますが、ビタミンEを多く摂ると、血行が良くなり生活習慣病の予防になります。

また、ビタミンEは、性ホルモンの生成にも関わっていて、女性ホルモンのバランスを整え、更年期障害の予防にも役立ちます。

このためビタミンEは、”若返りのビタミン”とも呼ばれ、壮年期を迎えた人には、おすすめの栄養素です。

なお、ビタミンEは細胞膜や血管の酸化を防ぎ、セサミンは肝臓の酸化を防ぐ、という違いがあります。

ページTOPへ

ビタミンC

ビタミンCには、様々な効能があり、その1つにセサミンと同じく、抗酸化作用があります。ビタミンCは、水に溶けやすい性質(水溶性)があり、余分な分はすぐに排出されるので、毎日続けて摂るのが良い方法です。

ビタミンCは、主に血管や体の細胞の間を満たしている体液などで、活性酸素を退治します。

一方セサミンは、体でもっとも活性酸素が多く発生する肝臓で、活性酸素を退治します。

ビタミンCには、この他にも
  ・コラーゲンの合成を助ける・・・美容効果
  ・シミの原因であるメラニン色素を減らす
  ・抗ストレスホルモンの合成を助ける
  ・発ガン物質を抑える
  ・壊血病の予防
など、多くの効果が知られています。

ページTOPへ

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、北米〜メキシコに自生するヤシ科の一種です。日本では、あまり知られていませんが、アメリカやドイツでは、サプリメントや医薬品として、使用例が多くなっています。

ノコギリヤシは、男性の加齢による、ホルモンバランスの崩れから起こる、”前立腺肥大症”を改善する効果があります。

ホルモンのアンバランスによって作られる、”DHT”という物質が男性の育毛や発毛を妨げて、脱毛の原因になっています。ノコギリヤシは、このDHTの合成を抑えて、脱毛や薄毛の予防にもなります。

セサミンにも、脱毛や薄毛の予防効果があるといわれていますが、セサミンの場合は、血中のコレステロールを減らし、血行を良くするので、その結果、脱毛が減ると考えられています。

ページTOPへ

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、毎日2000〜2500個の卵を産む、女王バチの食べ物として有名です。

ローヤルゼリーは、働きバチの体内で作られ、非常に多くの栄養素が含まれています。

主なものには、
  ・10種類以上のアミノ酸(たんぱく質の材料)
  ・ビタミンB群やアセチルコリン、イノシトール
  ・ローヤルゼリーだけに含まれる・・・デセン酸、類パロテン、R物質
などがあり、様々な効能があります。
中には、まだその効能がはっきり解明されていない、栄養素もあります。

セサミンとの共通点には、ローヤルゼリーに含まれるデヤン酸が、更年期障害やガン細胞の増殖を抑える点があります。

ローヤルゼリーは栄養バランスの良さから、老化防止にも役立ちますが、セサミンのように抗酸化作用はありません。

ページTOPへ

次ページ→セサミンの関連用語