セサミン39.com>ゴマリグナンとセサミン

ゴマリグナンとセサミン

ゴマリグナンとは

植物の根や茎、種子に含まれている成分の1つに「リグナン」があり、この成分はゴマに多く含まれています。

そして、ゴマに含まれるリグナンには、セサミンをはじめセサモール、セサミノール、セサモリンなどがあります。

これらをまとめて「ゴマリグナン(類)」と呼んでいます。(似たようなカタカナ名で、読みずらいですね。)

意外ですが、実はゴマリグナンは、食物繊維の仲間で、「ファイト・エストロゲン」とも呼ばれています。

”ファイト”というのは、ギリシャ語で植物を指していて、ゴマリグナンは、植物性の女性ホルモンの一種です。

ゴマリグナンは、大豆や乳製品に含まれるイソフラボンと同じく、女性ホルモン(エストロゲン)と似たような働きをします。

それで、セサミンを摂ると更年期の女性のホルモンバランスを整え、更年期障害を改善する効果があります。


さて、セサミンは、このゴマリグナンの中で、一番ゴマに多く含まれていて、ゴマリグナンといえば、セサミンがすぐに連想されるくらいです。(たぶんサントリーさんのテレビCMで、よく流されているので、それが大きく影響しているのでしょう。)

セサミンの効果、効能は様々ありますが、一番の特徴は抗酸化作用で、体内(特に肝臓)で発生した活性酸素を、退治する働きです。

肝機能を高め、肝臓ガンを予防したり、アルコールの分解をスムーズにして、二日酔いを予防する効果があります。

その他にも、セサミンは、血液中の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすので、動脈硬化を予防し、生活習慣病の原因をなくする効果があります。

また、先にもあげた女性ホルモンの不足を補って、更年期の症状を軽くするなどの効果もあります。
詳しくは、このサイトのセサミンの効果、効能1をご覧ください。

セサミンの含有量

セサミンは、非常に有効な栄養素ですが、ゴマに含まれる量は、わずか0.5〜1.5%ほどしかありません。

手元に、セサミンをはじめとするゴマリグナンの含有量を、測った資料がありますので、ここで取り上げておきました。

<ゴマ100g中のゴマリグナンの含有量>
セサミン 約 490mg (全体の約0.49%)
セサモリン 約 300mg (全体の約0.30%)
セサミノール 約 80mg (全体の約0.08%)
セサモール 約 3〜4mg
その他のゴマリグナンの成分 約 1〜2mg
合計 約 875mg (全体の約0.88%)

この資料からすると、ゴマリグナンの含有量はゴマ全体の約0.88%で、セサミン単独では約0.49%になっています。

*ここで一言)
セサミンの含有量をインターネットで調べると、サントリーさんのサイトでは1.0〜1.5%、他のサイトでは0.5%や1.0%など、表記に違いがありました。また、手元の資料は、0.5%や1.0%になっています。

このサイトでは、みなさんのご意見を尊重して、セサミンの含有量は、0.5〜1.5%で表記していますので、ご了承ください。

次ページ→ビタミンEとセサミン