セサミン39.com>ゴマとセサミン

ゴマとセサミン

ゴマについて

ゴマの由来

セサミンが含まれるゴマは、古代アフリカで栽培され始めたといわれています。(一説にインドという説も)

その後、次第にローマ、ギリシャなどのヨーロッパや、アジアにも広まったとされています。なんと、世界の三大美女であるクレオパトラも、美容のためにゴマを食事に、取り入れていたそうです。

日本には、中国の仏教とともに伝えられ、天平〜奈良時代にはすでに栽培が始まっていました。奈良時代の遺跡の発掘で、トイレの排泄物から、ゴマが発見されているのです。

このように2000年以上も前から、人間はゴマ(セサミン)の恩恵を、受けていたわけですね。

ゴマ(胡麻)の名前は、中国人が漢の時代にペルシア(胡)から、ぶどうと一緒に持ち帰ったことに由来するそうです。

ゴマの栄養素

ゴマに含まれる成分は非常に多く、昔から良質のたんぱく質、高カロリー食品として知られていました。

ただ、セサミンの含有量は一番多いゴマでも、全体の0.5〜1.5%ほどしかありません。

ゴマ料理だけから、常に十分なセサミンを摂るのは、ちょっとたいへんなので、セサミンだけを抽出した、サプリメントが販売されています。

ゴマ以外にセサミンを含む食品は、米や麦がありますが、これらは精米してしまうと、セサミンの成分が無くなってしまいます。

さて、乾燥したゴマ100gに含まれる、栄養素を細かくみたのが下表です。

 主要栄養素 ・たんぱく質 19.8g   ・脂質 51.9g
・炭水化物(糖質) 18.4g   ・食物繊維 10.8g
*カロリー 578kcal
 ビタミン ・ビタミンA 17mg   ・ビタミンB1 0.95mg
・ビタミンB2 0.25mg   ・ビタミンB6 0.6mg
・ビタミンE 22.8mg  ・ナイアシン 5.1mg
 ミネラル ・カルシウム 1200mg  ・カリウム 400mg
・マグネシウム 370mg  ・リン 540mg  ・鉄分9.6mg
 セサミン 約0.5〜1.5%

この表のように、ゴマにはセサミンの存在がかすんでしまうくらい、多くの栄養素が含まれていて、滋養強壮の食べ物として、昔からよく食べられていました。

特に密教や禅宗のお寺では、魚や肉を使わない精進料理が多いので、十分な栄養を摂るのは難しいのです。しかし、ゴマを取り入れることによって、80才以上の長寿のお僧さんも、珍しくないようです。

では、わざわざセサミンだけを摂らなくても、
ゴマをたくさん食べればいいんじゃないの?
という疑問もでてきますね。でもこれには理由があります。

セサミンだけを摂る利点

ゴマそのものをたくさん食べるのと、セサミンだけをサプリメントや健康食品で摂るのでは、違いがあります。

一体、なんだと思いますか?上の栄養素の表を見て考えてみてください。

それは・・・・。脂質とカロリー量なんです。

脂質は、ホルモンや体の材料となる栄養素で、エネルギー源としても使われます。しかし、多く摂りすぎると余った分は、脂肪として貯えられます。

カロリーも非常に高く、100gあたりで魚類の1.5〜2.5倍、肉類の1.2〜1.5倍ほどもあるのです。

つまり、ゴマを食べ過ぎると肥満や、生活習慣病が気になってくるのです。(ただ、1日に大さじ2〜3杯ぐらいは、全然問題ありませんので。)

それに、セサミンの1日の摂取量の目安は8〜10mgで、ゴマにすると2500粒〜3000粒になります。実際のところ、毎日こんなにゴマを食べられそうもありませんし、飽きてきます。

結論をいえば、サプリメントであればカロリーを気にせず、手軽にセサミンを摂れるのです。

あともう1つ気をつけたいのが、ゴマの皮です。ゴマはそのままでは皮が堅く、消化吸収されません。よく煎ってからつぶすか、すって料理に使うのが、吸収を良くするポイントです。

ちなみにゴマには、黒、白、茶、黄の4種類がありますが、食品として市販されているのは、主に黒ゴマと白ゴマです。

どちらも栄養的には、ほとんど変わりません。また、セサミンのサプリメントは、黒ゴマを原料にしたものが多いようです。

次ページ→セサミンと肝臓の関係