セサミン39.com>セサミンと活性酸素

セサミンと活性酸素

セサミンには抗酸化作用があり、活性酸素を退治するので、体の老化や生活習慣病を予防することができる!

このように、セサミンの効果がうたわれています。このサイトでも、セサミンに関連して必ず、活性酸素が登場してきます。

では、この活性酸素とは、一体どんなものなのか?
セサミンとの関わりには、何があるのか?
それを、ここで取り上げました。

活性酸素とは

人間は生きるために、食べ物から栄養分を摂り、これを酸素を使って、活動するエネルギーに変えています。

これは、酸素で栄養分を燃やしているのですが、このとき発生するのが活性酸素です。

燃焼した酸素の約2%ほどが活性酸素に変わり、燃焼した時の副産物といえるものです。言葉の頭に”活性”とつくと、なんとなく良いイメージもしますが、実は二面性を持った「もろはの剣」なのです。

活性酸素が多くなると、体のあちこちで悪さをするので、セサミンのような抗酸化物質で、減らす必要があります。

良い働き

強い消毒、殺菌力があり、体内の細菌やウイルスを取り除く働きをします。わかりやすくいうと、注射をうつときや傷口を消毒するときに使う「オキシドール」。

実はこれが、活性酸素の正体です。(専門的には、過酸化水素水といいます。)

もし、活性酸素がゼロになると、ウイルスや細菌の害から、体を守ることができなく、セサミンをわざわざ摂る必要もありません。しかし、実際は活性酸素が無くなることはありません。

悪い働き

活性酸素が多くなると、体の正常な細胞まで傷つけて、ダメージを与えてしまいます。細胞を酸化させて”サビ”た状態にしてしまうのです。

わかりやすい例を上げると、鉄を塗装せずに置いておくと、赤くサビついたり、天ぷら油をそのままにしておくと、黒ずんで悪臭を出しますね。ちょうどこれと同じことが、体の中で起こるのです。

(セサミンを含むゴマやビタミンEを、天ぷら油に少量入れておくと、天ぷら油が酸化されず長持ちします。)

人間の場合、体の細胞は不飽和脂肪酸という油分で包まれていますが、活性酸素はこの油分が大好物で、これと結びついて細胞を酸化させます。

抗酸化物質の必要性

活性酸素は酸素を使って、エネルギーを作りだしている人間には、避けて通れないものです。

そこで、活性酸素を退治して減らす、セサミンをはじめビタミンC、E、ポリフェノールなどの、抗酸化物質が必要になります。

ただ、同じ抗酸化物質でも、種類によって活動する場所に違いがあります。

セサミンの場合は、主に内臓、とりわけ肝臓で働いて、活性酸素を減らします。一方、ビタミンC、E、ポリフェノールなどは、主に血液や細胞膜で働きます。

つまり、セサミンとその他の抗酸化物質が、別々のところで仕事をすることによって、体全体を酸化から守っていることになります。

ですから、セサミンだけでなく、ビタミンCやE、ポリフェノールなどを一緒に摂るのが、おすすめなのです。

次ページ→セサミンに関連する栄養素