セサミン39.com>ビタミンEとセサミン

ビタミンEとセサミン

ゴマ料理やサプリメントでセサミンを摂るときに、ビタミンEを一緒に摂ると、相乗効果があります。このビタミンEとセサミンの相性の良さを、働きの面からみてみましょう。

抗酸化作用

ビタミンEとセサミンは両方とも、体内で発生する活性酸素を退治する、抗酸化作用があります。

活性酸素を減らすことによって、体の機能を保護して、生活習慣病や老化の進行を、遅らせる効果があります。

ただ、ビタミンEとセサミンでは、抗酸化作用の内容にいくつか違いがあります。

ビタミンE

ビタミンEは、主に血管や体の細胞膜が、活躍の場になります。

血管では、血液の中にある悪玉コレステロール(LDL)が活性酸素によって酸化され、これが血管の内壁に付着して、動脈硬化の原因になります。

ビタミンEは、この酸化を防ぎ血管を健康に保ち、血行を良くして動脈硬化が引き金となる、脳卒中や心筋梗塞を予防する効果があります。

細胞膜でも同じように、細胞膜の酸化を防ぎ「過酸化脂質」という、有害物質ができないようにしています。

この過酸化脂質は、細胞の寿命を縮めたり、ガン細胞の原因になる物質として知られています。

セサミン

一方、セサミンは主に内臓(特に肝臓)で、活性酸素を退治しています。肝臓は体の中では、一番化学反応が多く、化学工場とも呼ばれている臓器で、大量の活性酸素が発生します。

肝臓内では、もともと活性酸素を退治する、特殊な酵素が作られていますが、年令とともにその量が減少するので、それを補うためにセサミンのような栄養素が、必要になります。

このように、ビタミンEは血管と細胞膜を保護し、セサミンは内臓を保護して、お互いに助け合って、体全体の酸化を防いでいます。

(ビタミンEは、肝臓でも一部使用されますが、メインの仕事場はあくまで、血管と細胞膜です。肝臓内では、ビタミンEが消費されないように、セサミンによって守られています。)

動脈硬化の予防

上の抗酸化作用のところでも書きましたが、ビタミンEと同じくセサミンも、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。これによって、血液がサラサラになり動脈硬化を、防ぐ効果があります。

ただ、セサミンは肝臓の活性酸素を退治して、酸化を防ぐのがメインで、血管の酸化を防ぐのは、ビタミンEが主役になります。

ホルモンの働き

ビタミンE

ビタミンEは、女性と男性の両方のホルモン生成に関わっていて、ホルモンのバランスを調整します。

女性の場合、不妊の女性がビタミンEを摂ると、妊娠率が良くなることが知られています。

また、更年期には、ビタミンEの濃度が低くなるため、ビタミンEを補給することで、更年期の症状が改善されます。

男性の場合は、ビタミンEの補給により、精力減退が予防できたり精子の数が増えることが、確かめられています。

セサミン

セサミンは、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような効果があり、女性ホルモンの減少が大きい更年期に、セサミンを補給すると体調を改善できます。

また、若い女性の場合でも、過労や無理なダイエットからのストレスで、女性ホルモンが一時的に減少することもあるので、こんなときもセサミンは有効です。

次ページ→セサミンと活性酸素